製函〜梱包〜輸送〜通関・作業の流れ

物流トータルシステムによるコストの削減

輸出製品を木枠梱包、木箱梱包などの技術を駆使し、商品引取からピッキング、梱包、運送、そして船積までの業務すべてを一元化することで、お客様のコスト削減に繋がります。



商品のバリエーションによる木箱製造及び梱包仕様

梱包方法は、商品の大きさ・形状の違いによって異なります。

輸出梱包、パレット梱包、ダンボール梱包、スチール梱包等、各種梱包をお客様のニーズに合わせ、確実な梱包仕様にて、輸送します。



規格品の量産可能

当社は創設40年の輸出梱包の歴史を元に、その技術と実績を生かし、お客様の商品を安全に、確実に運びます。

又、量産商品の梱包、輸送も幅広く賜っております。



一貫作業が可能

採寸 - 仕様決定 - 梱包 - 保税蔵置(NACCS) - CFSまたは弊社バンニング


梱包作業から、梱包材料の加工・組立までの一貫作業

PACKAGE

当社は、今まで蓄積された梱包の全般的かつ特殊なものに至るノウハウを生かして、梱包設計を行います。
梱包を求める製品は種々のものがあり、しかも汎用性の低いものです。
それぞれに固有の梱包方法を求めていく必要があります。
形状の違いはもちろん、形状が似ていても重要バランスが異なるなど、ほとんどが似て非なるものです。 しかもコスト的スペース的にも過大な梱包は避けねばなりません。
また、均一な梱包作業を求め、また梱包計画に即応すべく材料加工を行い、一貫作業でトータルな作業の流れを持って、新しい梱包需要に対応しています。



GUIDELINE

梱包業務は物流の要であり、物流を補完するものと自負しています。
確実な輸送・保管を行うには、確実で安全な梱包が不可欠だからです。
梱包はすでに物流の一部ではなく、物流の重要な位置を占めています。
それは、合理化・低コスト化にとって物流は最後に残された大きな砦であり、大きな効果を上げ得る所だからです。
いうまでもなく、物流を確かにコントロール出来れば、時間、コスト、品質に大きな貢献をする事が出来ます。